費用を抑えてマイホームを手にする|ローコスト住宅を建てよう

相場とその費用

家の模型

青梅市の地価は上昇気味ですので、土地の値段とともに中古一戸建てもやや高くなっています。ただ、中心地から離れるとその値段も一気に安くなります。中古一戸建ての価格ですが、駅からそう遠くないところでは築年数10年を経過していなければ平均的な大きさの住宅は2500万円程度かかると考えておいた方が良いです。

もっと見る

事務所や店舗を併用する

一軒家

自宅で趣味や特技を生かして無理の無い範囲で働く家庭が増えています。併用住宅はその考え方にあった事務所兼住宅の形です。併用住宅は一つの建物の貯め、プライベートとパブリックスペースをうまく区切って使うことが必要になります。

もっと見る

中古物件も人気です

男性

杉並区は東京23区の一つです。非常に都心へのアクセスに優れているため、古くから多くの方々が住んでいます。電車の本数も非常に多いですし、自動車でもすぐに都心にアクセスすることも可能となっています。そのため、杉並区には非常に多くの住宅が建築されており、一戸建て住宅やマンションなど様々な住宅が用意されています。それらの中でも、以前に建築された中古マンションがとても高い人気となっています。杉並区には以前に建築されたマンションが多数あります。それらを何らかの理由で販売する方々が多数いて、それらを中古で購入する方々が多くいるのです。マンションはたとえ中古であっても非常に耐久性の高い住宅ですから、また永く住み続ける事も可能です。

最近では中古マンションを購入してから、リノベーションを行う方々が多くいます。リノベーションは中古マンションの間取りや内装などを、色々と変更することです。リノベーションを行う事によって、まったく違ったマンションにすることが出来ますので、より住みやすくする事が出来るのです。杉並区で中古マンションを探すのであれば、まずは不動産屋に相談する必要があります。自分一人で中古マンションを探すのは非常に難しいですから、様々な中古マンションの情報を保有している不動産屋に相談するようにしましょう。また、杉並区の物件を探すのなら、杉並区にある地元の不動産屋に相談するのが良い方法です。地元ならではの掘り出し物件の情報を保有している事も十分に考えられるからです。

もちろん、一戸建てを一から建設したいと考えるのであれば、それも可能です。最近では、お手頃な価格で建築可能なローコスト住宅も登場しており、従来の住宅建築に比べて遥かに安く建築することができます。杉並区の土地が多少高くても、ローコスト住宅を建設するのであれば、総合的な費用は抑えることが可能です。ローコスト住宅での建築費用が安く済むのは、建築材などをメーカー独自のルートなどで安く仕入れており、さらに間取りなどをシンプルにして建築材を最低限に抑えているためです。そのため、安全性には問題ありません。

自然素材を使用した住宅

内装

相模原では自然素材を多く使用して、注文住宅を建てる事が人気になっており、自然素材を使用する事で健康的な暮らしをする事が容易です。珪藻土や無垢のフローリングを使う事で、体に優しい住宅になるためオススメです。

もっと見る